通院回数を少なく、短期間で歯周病を治療したいとお考えの方に

短期集中歯周病治療

短期間で抜かずに治す歯周病治療

短期集中歯周病治療

全ての歯の歯周病治療を1回で行う

短期集中歯周病治療(FMD)はFull Mouth Disinfection(フルマウス ディスインフェクション)の略で、1990年代にQuirynenにより提唱された歯周病の治療方法です。短期集中歯周病治療(FMD)では全ての歯の歯周病治療を1回で行います。歯周病は歯周組織が歯周病菌に感染することによって引き起こされる感染症であり、歯周病を治療する為には、感染源である歯周病菌を除去しなくてはなりません。

通常、健康保険を利用した歯周病治療では、口腔内を4~6ブロックに分けて、歯の根面や歯周ポケット内に入り込んだ歯周病菌や歯石を、少しずつ除去していきます。しかし、口腔内の未処置のブロックに、歯周病菌が残っていては、せっかく治療をしたブロックにも、歯周病菌が再感染してしまう可能性があります。

再発しにくい短期集中歯周病治療

再発のリスクを最小限に抑える

短期集中歯周病治療は、全ての歯に対しての歯周病治療を1回で行うことによって、口腔内全体の歯周病菌を除去し、歯周組織が歯周病菌に再感染するリスクを最小限に抑えた治療方法です。

また、短期集中歯周病治療は細菌検査によって、通常の歯周病治療だけでは除去が困難とされる歯周病菌(レッドコンプレックス)が検出された場合には、抗生剤を併用し、内科的な歯周病へのアプローチも行っていきます。

短期集中治療(FMD)のメリット

短期集中治療のメリット1

1.短期間で治療が完了する

全ての歯に処置を行うので1回の治療に数時間かかりますが、通院回数が通常に比べて少なく、通常数か月かかる歯周病治療が数日~数週間で完了します。(治療完了約1か月後に再検査をさせていただきます。)

短期集中治療のメリット1

2.治療効果が出やすい

今までの歯周病治療で治療効果が見られなかったという方にもおすすめです。

短期集中治療のメリット1

3.歯周病の再発リスクが低い

歯周病菌の数を減らすので、通常の歯周病治療よりも低くなります。

短期集中歯周病治療の流れ

歯周病精密検査

歯と歯ぐきの隙間「歯周ポケット」を専用の器具「プローブ」を使って計測します。健康な歯ぐきであれば、歯と歯ぐきの隙間は1~3mmですが、歯肉炎や歯周病になっているとその隙間が4mm以上になってきます。この検査は、どの部分でどの程度歯周病が進行しているのかを正確に把握するために行われます。

細菌検査

細菌検査では口腔内の細菌の種類、構成バランスを検査します。歯周病菌は種類によっては通常の歯周基本治療だけでなく、抗菌剤を用いる歯周内科治療を併用する必要があります。歯周病の原因菌を特定せずに、歯周病治療を行っていても、いつまでも治療効果が得られないこともあるので、細菌検査を行うことは非常に重要です。

TBI

歯磨きのチェック、指導をさせていただきます。ご自身での歯磨きがしっかりとできている状態で歯周病治療を行うことで、歯周病の再発、再治療を防ぎます。

縁上歯石除去

歯ぐきより上に着いた縁上歯石の除去を行います。
いきなり、歯肉縁上、縁下、全ての歯石を除去してしまうと、知覚過敏(しみる症状)や歯肉退縮が起こりやすくなってしまうため、先に歯肉縁上の歯石を除去して、歯ぐきの炎症を落ち着かせてから、歯肉縁下歯石の除去を行っていきます。基本的に、1回の治療で縁上歯石の除去は完了します。

短期集中歯周病治療(FMD)

歯周ポケット(歯と歯ぐきの境目)内に沈着した歯石、汚染組織を一気に除去していきます。(この処置をSRP(スケーリング・ルート・プレーニング)と言います。)
軽度歯周病で1~2時間、中度歯周病以上では2時間~3時間程度で全ての歯、歯周ポケット内に沈着した歯石や汚染組織を除去していきます。通常1回の処置になりますが、状況に応じて数回に分けることもあります。

TBIと歯の表面のクリーニング

短期集中歯周病治療(FMD)完了後に再度TBIを行います。FMD後の歯ぐきの状態、変化に合わせた歯磨きの方法をアドバイスします。その後、PMTC(クリーニング)で歯面をきれいにし、歯石の再付着を予防します。

再評価

再度、歯周病基本検査と、細菌検査を行い、歯周病の改善状況を確認します。

メインテナンス

歯周病治療終了後も、定期的にメインテナンスを行います。メインテナンスでは、症状の確認とともに、必要に応じてTBI、歯石除去、PMTCなどを行います。
歯周病は生活習慣病の一種とも言われており、メインテナンスを怠り、また治療前の生活に戻ってしまえば、すぐに再発してしまいます。
また、どんなに頑張って歯磨きをしていても、ご自身の力だけでは、どうしても磨ききれない部分は出てきてしまうものです。
メインテナンスの期間は、再検査の結果によって決まりますが、歯周病の再発を予防するためには、最低でも年に2回以上、メインテナンスを行う必要があります。

無痛歯周病治療

当院の短期集中歯周病治療なら寝ている間に治療が終わります

短期集中歯周病治療(FMD)は1回の治療時間が長時間に及び、患者さまのご負担や不快感が大きいというデメリットがあります。当院では、そんな患者さまのご負担を軽減するために、静脈内鎮静法を併用した短期集中歯周病治療(FMD)をご用意しています。
静脈内鎮静法は、静脈内に鎮静剤を点滴し、眠っているような、リラックスした状態で治療を受けていただくことができる麻酔法です。ほとんど眠っているような状態で、苦痛や不快感を感じず、健忘効果もあるため、あっという間に治療が終わったかのように感じます。

無痛歯周病治療について

オーラルプロポーションクリニック

0120159149

ご予約・お問い合わせフォーム

【診療時間】9:30~13:30/15:30~19:30

【休 診 日】日曜、祝日

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-23-18
渋谷ワールドイーストビル8階

© 2017 オーラルプロポーションクリニック.
0120159149
web予約
アクセス
上へ戻る