痛くない歯周病治療をご希望の方に

無痛歯周病治療

眠っている間に治療が終わる無痛歯周病治療

無痛歯周病治療

無痛歯周病治療

通常の歯周病治療は、痛みや不快感を伴うことが多く、患者さまに多大な精神的ストレスを与えてしまいます。そして、不快なために治療を敬遠し、その結果として症状が悪化し、「より不快な治療」を強いられるケースも少なくありません。
当院では、このような悪循環を起こさないように、そして、短期集中歯周病治療(FMD)のように長時間に及ぶ治療を行うときでも、できる限り苦痛や不快感を感じることなく治療を受けていただけるよう、静脈内鎮静法という眠っている間に治療が終わる無痛点滴麻酔法をご用意しています。

眠っている状態で治療が終わる

眠っているような状態になる静脈内鎮静法

静脈内鎮静法とは、静脈内に鎮静剤を点滴し、眠っているような状態にすることができる麻酔方法です。

静脈内鎮静法は、点滴を開始すると数分で催眠状態となり、点滴を終了すると、数分で目を覚ますことができます。副作用も少なく、麻酔の濃度を調整することでうとうとしたような浅い眠りの状態から、深く眠った状態まで、麻酔の深度を調整することができます。

静脈内鎮静法には、リラックス効果、健忘効果もあるため、歯科に強い恐怖心をお持ちの方や、治療が長時間にわたる場合にお勧めさせていただいています。静脈内鎮静法には、痛覚を麻痺させる効果はないので、通常の局所麻酔薬を併用しての治療となります。

静脈内鎮静法のメリット

静脈内鎮静法のメリット1

ほとんど不快感なく治療を受けられる

長時間の治療でも、音や、口の中を触られる刺激をほとんど感じずに治療を受けることができます。

静脈内鎮静法のメリット2

恐怖感なく治療を受けられる

歯科治療に恐怖心があっても、麻酔の効果でリラックスして治療を受けることができます。

静脈内鎮静法のメリット3

治療時間を短く感じられる

健忘効果があるため、数時間の治療であっても数十分程度に感じます。

静脈内鎮静法の流れ

問診

静脈内鎮静法をご希望の方には、事前に健康状態や服薬歴、アレルギーなどのご質問をさせていただき、静脈内鎮静法が利用可能かどうかをご相談させていただきます。

点滴麻酔

ご来院いただきましたら、生体監視モニター(血圧、心拍数、動脈血酸素飽和度などを測定)を装着していただきます。問題がなければ点滴を開始します。麻酔中は常に生体監視モニターにて全身状態を確認しながら治療を行います。

治療終了

治療が完了したら点滴を終え、麻酔を切ります。数分で意識が戻りますが、その後もしばらくぼーっとした状態が続くこともあるため、意識がはっきりとしてくるまでは院内でお休みいただきます。専用のリカバリールームがありますので、ゆっくりとお休みになってからご帰宅ください。

静脈内鎮静法に関するご注意

  • 嘔吐の可能性があるため、治療の2時間前から飲食はお控えください。
  • 前日(当日)は飲酒をお控えください。麻酔の代謝に影響があります。
  • 術中に全身状態を管理するための装置を爪先に装着します。マニキュアや付け爪が着いていると正しく測定ができないので、ご遠慮ください。
  • お薬が切れる時間には個人差がありますので、治療後のご予定にはご注意ください。
  • 治療当日は、車の運転、自転車の運転はお控えいただき、お帰りの際は公共交通機関のご利用か、ご家族などにお迎えをお願いしてください。

短期集中歯周病治療

不快感なく、あっという間に全顎の治療を終えることができます

長時間お口を開けていなくてはいけない短期集中歯周病治療(FMD)では、静脈内鎮静法の併用がお勧めです。静脈内鎮静法との併用で、不快感なく、あっという間に全顎の治療を終えることができます。

短期集中歯周病治療について

オーラルプロポーションクリニック

0120159149

ご予約・お問い合わせフォーム

【診療時間】9:30~13:30/15:30~19:30

【休 診 日】日曜、祝日

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-23-18
渋谷ワールドイーストビル8階

© 2017 オーラルプロポーションクリニック.
0120159149
web予約
アクセス
上へ戻る