歯並びや噛み合わせが原因の歯周病もあります

矯正治療

歯並びを治して歯周病の原因菌を付きにくく

歯周病と矯正治療

不正咬合によるプラークコントロール不良を改善

「歯並び」や「咬み合わせ」が原因で歯周病が引き起こされることもある事実をご存知ですか?
歯並びが悪いと、歯が重なっている部分に歯垢が溜まりやすく、慢性的に一部にだけ歯石が着いていたり、歯ぐきが炎症してしまうことがあります。そのような部分に起こった歯周病は歯並びを改善しなければ、歯周病治療をしても再発してしまう可能性が高くなります。矯正治療を行い、歯並びを整えることで、磨きやすく、歯垢、歯石が着きにくい、衛生的で歯周病になりにくい口腔内の状態を手に入れることができます。

咬合による負担を軽減し、骨を回復

咬合による負担を軽減し、骨を回復

不正咬合の方は、全ての歯が均等に咬み合わず、一部の歯にだけ咬み合わせの負担がかかっている場合があります。そのような場合には、咬み合わせの負担が大きい部分にだけ、限局的に骨が失われてしまう垂直性骨吸収が起こることがあります。
矯正治療を行い、咬み合わせのバランスを改善することで、一部の歯にだけかかっていた負担を軽減することで、歯周病によって失われてしまった骨を回復することができます。
歯並びや咬み合わせが原因で歯周病を引き起こしているケースでは、歯周病の治療だけを行っても、その後再発をしてしまう可能性が極めて高くなります。そのため当院では歯並びや咬み合わせが原因である場合には、歯周病の基本治療に合わせて矯正治療についてもご説明しています。

フレアーアウトを改善する矯正治療

フレーアウト

歯周病が進行すると、歯槽骨が吸収することで歯を支える力が弱まり、上の歯の前歯が前方に押し出されてしまうことがあります。これをフレアーアウトと言います。
フレアーアウトしてしまった歯は歯周病治療終了後に、矯正治療で元に戻すことができます。

当院の矯正メニュー

当院では一般的な矯正治療から、見えない矯正治療やマウスピースで行う矯正治療など、患者様の状態や日常生活に合わせて様々な矯正治療を行っております。

ワイヤー&ブラケット矯正

ワイヤー&ブラケット矯正

歯の表側に、ブラケットと呼ばれる装置を取り付け、そこにワイヤーを通し、歯に力を加えて動かしていく矯正方法です。当院ではブラケットにセラミック製の透明~白色の小さなものを使用し、矯正治療中の審美性にも配慮しています。ほとんどの症例に適応することができます。

リンガル矯正治療

リンガル矯正治療

歯の裏側にブラケットとワイヤーを装着する矯正方法です。矯正装置の見た目が気になる方におすすめです。裏側に装置が着いているので見た目には矯正治療中であることがほとんどわかりません。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

専用のマウスピースを装着し、少しずつ歯を動かしていく矯正方法です。マウスピースは矯正の進み具合に応じて、次々に新しいものへと交換していきます。マウスピースは1日20時間程度装着している必要があります。

部分矯正

部分的に1本~数本の歯だけを動かす矯正治療です。1本だけ歯の列からはみ出して磨きにくい歯や、フレアーアウトした前歯だけを治したい場合などに適用となります。

オーラルプロポーションクリニック

0120159149

ご予約・お問い合わせフォーム

【診療時間】9:30~13:30/15:30~19:30

【休 診 日】日曜、祝日

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-23-18
渋谷ワールドイーストビル8階

© 2017 オーラルプロポーションクリニック.
0120159149
web予約
アクセス
上へ戻る