いつまでも歯周病治療が終わらずお悩みの方に

精密歯周病治療

拡大視野化で治療を行う精密歯周病治療

歯周病の原因

歯周病菌に感染することで起こる感染症

歯周病治療のために、歯科医院に通っているのにいつまで経っても治らない。いつまで治療を続けるの?
このような経験はありませんか?それは歯石が取り切れていないことが原因かもしれません。
歯周病は、歯周病菌に感染することによって起こる感染症です。
歯周病菌は、歯面に着いた歯石や歯垢の中や歯周ポケット内で繁殖し、その毒素によって歯を支えている顎の骨を溶かしてしまいます。
そのため、歯周病治療では、歯周病菌を除去、繁殖しにくい環境を作っていくことが大切です。具体的には、歯周病の進行具合に合わせて、歯垢や歯石を除去、再付着しにくくする処置を行っていきます。

歯周病治療の基本は、歯石を除去すること。この歯石除去では「見えている」ことがとても大切です。ですが、肉眼では、歯周ポケット内はなかなかはっきりと見えません。歯周ポケット内の歯石が取れているかいないかは、術者の手の感覚でしか確認することができないのです。
見えていない状態では、歯石を取り残してしまっていても気がつかないだけでなく、歯石が着いていない健康な歯根部分を傷つけてしまったり、歯ぐきにダメージを与えてしまう可能性があります。

マイクロスコープ・ルーペを使用した精密歯周病治療

拡大視野化での治療の重要性

マイクロルーペやマイクロスコープを使用することで、肉眼では確認することが不可能な細かい部分まで、はっきりと目で確認しながら治療を進めることができ、より正確で精密な歯科治療を行うことができます。
歯石除去は歯科衛生士が行うことが多いですが、歯科衛生士もマイクロルーペやマイクロスコープを使用している歯科医院はごくわずかです。しかし、歯周病治療において歯石除去はプラークコントロールの一環として、ともて重要な処置の一つです。

当院では、すべての歯科医師、歯科衛生士にマイクロルーペを用意し、4台のマイクロスコープを導入、必要性に応じていつでも使用できる環境を整えています。そして、大切なことは、このマイクロルーペやマイクロスコープは誰でも簡単に使えるものではなく、効果的に使用するためには十分な訓練と経験が必要だということです。

  • マイクロルーペ
    マイクロルーペ
    マイクロローぺとは、拡大鏡のことで、眼鏡のように装着し、視野を2.5倍~10倍程度まで拡大してみることのできる装置です。OPCでは、診療時には全ての歯科医師、歯科衛生士がマイクロルーペを装着して処置を行っています。
  • マイクロスコープ
    マイクロスコープ
    マイクロスコープとは、顕微鏡のことで、視野を最大20倍に拡大して見ることができる器械です。日本でマイクロスコープを導入している歯科医院は5%程度しかなく、まだまだ普及していないのが現状です。

精密歯周病治療のメリット

精密歯周病治療のメリット1

1.小さなヒビやクラックも見逃さない

拡大視野下で歯周病治療を行うことによって、歯周病の原因ともなる歯に入った小さなひび(クラック)や虫歯も見落とさずに確認することができます。

精密歯周病治療のメリット1

2.肉眼で見えない部分まで治療ができる

拡大視野化で治療を進めることで肉眼で見えない部分に潜む原因を早期発見、治療をすることができ、歯周病治療の効果を高めることに繋がります。

精密歯周病治療のメリット1

3.複雑な部位も確実に歯石を除去できる

根分岐部と言って、歯根が股になっている部分は形態が複雑で、歯石除去が難しい部分ですが、拡大した状態で治療を行うことで、確実に歯石を除去していくことができます。

オーラルプロポーションクリニック

0120159149

ご予約・お問い合わせフォーム

【診療時間】9:30~13:30/15:30~19:30

【休 診 日】日曜、祝日

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-23-18
渋谷ワールドイーストビル8階

© 2017 オーラルプロポーションクリニック.
0120159149
web予約
アクセス
上へ戻る